Loading...

スタッフブログBLOG

タグ「収納」が付けられているもの

2020年 09月 09日夏休みの宿題 後編

お役立ち情報

みなさんこんにちは。

トヨタホームリフォーム 営業企画室の國枝です。

過去最大級といわれた台風10号により、

700㎞離れた愛知県でもかなり影響が

出ましたね。

私の住んでいる江南市のご近所、

一宮市や稲沢市でも、道路冠水などの

被害がNEWSで報道されていました。

九州はじめ、今回の台風で被害に

遭われました皆様方に於かれましては、

お見舞いを申し上げるとともに、早く日常が

取り戻せますことをお祈りしております。

さてさて、本題になります。

前回の「夏休みの宿題」の結果報告が

途中となっておりましたので、

後編ということでお伝えいたします。

今回のご報告。

②中庭部分の環境改善

③玄関の履物を整理

④「ネギ」を植える

の3つの報告をいたします。

(でも、この報告だれか知りたい人いるのかな

まず、中庭。

「ジブリの森」というより、雑木林。

センターエリア①.png

必死で草刈り。

中庭①.png

中庭②.png

何とか土が見えるようにはなりました。

そして、外回りついでに④の「ネギ」

じつは、このネギを植える時期、

生前、父が「ネギは7月30日に植えろ!」と

言ってました。(遺言  

ただ、周りの方々に聞くと、

「お盆の頃だ」とか「初秋の頃だ」とか

様々。

まあ、年末から新春にかけて、ちゃんと

収穫できてるからいいんですけど。

そのネギ、

まず、畝を作ります。

あ、その前に、

買ってきた苗ネギの古皮を剝き、株分けをします。

これはいつも家内との共同作業です。

買ってきた苗ネギ。

ねぎ②.png

株分け作業。

ねぎ③.png

上が株分け前、下が株分け後。

ねぎ④.png

キレイな苗ネギになりました。

そして、畝づくり。

畑の空いているスペースの草を取り、

畝を掘ります。

ねぎ①.png

ねぎ⑥.png

みなさん、鍬(くわ)にご注目!

左の鍬は4本の爪、右の鍬は3本の爪。

そうなんです。ネギの畝は細く穴を掘るため、

専用の鍬があるんです。

(父がいろいろ探して入手したようです。)

まあ、そんなマニアックな話は菜園趣味者の

内々だけにして、

とにかく植えました。

ネギ完了.jpg

今年は梅雨が8月までずれ込んだため、

7月30日とはならず、お盆休み中の

宿題完了ということとなりました。

そして、最後の宿題。

「玄関」の履物の整理。

わたしの住まいは母屋と畑を挟んだ離れ。

だから、そんなに大きい建物ではありません。

よって、玄関も最小限のスペース。

まあ、家族3人だから。

と、思っていても、増えるんですよね。

「履物」

トヨタホームリフォームでは、時々

収納セミナーを開催していますが、

講師で収納のプロ、ぱぱっと収納 putit

百武先生がよく、

「そのバックの賞味期限はいつ?」

と、参加者に聞いています。

「賞味期限」って何? と思うでしょう。

どいうことかというと、

「本当に必要なモノと、そうでないモノの

仕分けが必要ですよ

ということなんです。

「もう必要ない」と判断し、「手放すものは

手放す」ということを、「賞味期限」って

言葉で表現しているんです。

そんなセミナーの企画を作っている私自身の自宅。

シューズ棚0-1.png

まあ、普段こんな感じです。

賞味期限については、ちょっとおいといて、 

これ、「出しっぱなし」ではなく、

片付ける場所が無い状態。

下駄箱はちゃんとあるんですが、

スペースが・・・・・ 

ちょっと前から「これを解決したい」と、

そして今回、夏休みの宿題にしました。

結果はこのようになりました。

シューズ棚⑤.png

どうです?

なかなか洒落たシューズ棚でしょう。

これ、DIYで自作したんです。

ちょっとだけ紹介します。

材料はパイン材の集成板と2'×4'材。

パイン材は棚板に、2'×4'材は柱材になります。

あまり販売しているところを見たことがない

3'×6'サイズ(畳サイズ)のパイン材。

カインズホーム の小牧店で見つけました)

9等分にします。

シューズ棚①.png

好みになりますが、私は濃いめのオイルステインで色付けしました。

シューズ棚③.png

今回は、壁に"もたせ掛ける"だけのシューズ棚のため、

2'×4'材の先を斜めカットします。

(角度の取り方は、来週トヨタホームリフォームで開催の

「DIYセミナー 

   ~男のコレクションルーム~」 にてご紹介)

シューズ棚②.png

枠も塗装し、組み立てます。

シューズ棚④ (2).png

棚板を差し込み、

シューズ棚④.png

シューズ棚⑤.png

完成です。

作業にかかった日数、1日半。

本当は、8月16日(日)の夏季休暇中に

完成させる予定でしたが、結局間に合わず

休み明け最初の休日、8月19日(水)の完成と

なりました。

なぜ間に合わなかったのか

それは、夏休みのスケジュールに

入っていなかった「梨園」に2日続けて

行っていたからなんですね。

(詳しくは8月16日のブログご覧ください)

そして、なぜ夏休み中に完成したかったか 

実は、以前ちょっとだけ紹介いたしましたが、

名古屋駅前の大名古屋ビルヂング11F にある

ハウジングデザインセンター名古屋で

開催されたセミナー。

わたくしも講師として参加しており、

そのタイトルを

「簡単DIYで出来る収納アイデア」

にしていたんです。 

つまり、そのセミナーで紹介する実例を

作る必要があったんです。

間に合ってよかった。

そして、さらに 

来週の月曜日14日、トヨタホームリフォーム本社、

豊田市のすまいる館で9月のイベントを開催します。

ここでもわたくし、

「手軽につくれる100均DIY」

というタイトルで

セミナーを開催するんです。

100均DIY.png

今日は9月9日水曜日、会社はお休み

この休みを利用して「100均DIY」の

ネタ作りをするため、

この後ダイソーへ行ってきます。

そしてその後、さらにさらに

9月20日には

コレクションルーム.png

きっと、16日の水曜日には、また何かネタ作りを

しているんだと思います。

そのほかにも

リフォームのセミナー

「夢をかなえるリフォーム術」を

開催します。

夢をかなえる.png

お問い合わせ・お申し込みはホームページの

お問い合わせフォームからどうぞ。

申し込み.png

酷暑は過ぎたとはいえ、まだまだ暑さは続きます。

みなさん、くれぐれもお体にはお気を付けください。

以上、営業企画室 國枝の夏休みの宿題 後編でした。

2020年 08月 08日セミナー開催しました!Vol.2

お役立ち情報

みなさんこんにちは。

トヨタホームリフォーム 営業企画室の國枝です。

とにかく暑い  

梅雨が明けて一週間。まだ一週間しかたっていないのに、ず~~~~~~っと前から

猛暑が続いている感じ がします。

暑さとマスクの鬩ぎ合いで、熱中症にも要注意ですね。

さて、今回も先回に引き続き7月開催のセミナーをご紹介いたします。

今回ご紹介するのは、7月4日と10日の2回開催した収納セミナーです。

ここ数年は整理・収納ブームで、私も仕事柄あちこちで収納セミナーを聴講する機会があります。

以前 佐々さんがブログでご紹介しましたが、去年の6月には収納のプロ、

住まい方アドバイザーの近藤典子さん ともご一緒させていただいたことがありました。

(2019年6月17日のブログ)

近藤典子さん.jpg

右側が近藤典子さん 真ん中はいつもお世話になっている I.C.+の水谷さん  左が私です。

後ろにいる2人、左は私の唯一無二の弟子で現在育休中の佐々さん。

    (このブログはずっと佐々さんが更新してくれていました。)

右は前回紹介したスーパープランナーの中本さんです。

実は、この8月にも、名古屋駅前店「ラシクラス」がテナントとして入っている

ハウジングデザインセンター名古屋(大名古屋ビルヂング 10F・11F)で、

22日・23日の両日、リフォーム&整理収納のセミナーが開催されます。

(上記のリンクをご覧になる方は、必ず下の方までスクロールしてくださいね。

なぜなら・・・・ 

HDCセミナー.png

お話しする予定があるからです。

と、いったことで、いろんなところで「収納セミナー」というものが開催されているんです。

わたくしたちの本社ある豊田市の「すまいる館」でも、年に4~5回ほど収納セミナーを開催しています。

ただ、わたしたちが開催している収納セミナーはちょっと違うんです。

何がちょっと違うかって?

これまで聴講してきたセミナーの多くは、質疑も入れておおよそ50分~60分程度。

セミナーのスタイルも、スクーリング形式で行われるのが大半です。

ところが、私たちの企画している収納セミナーは毎回90分。

でも、ただただ長いわけではありません。

なぜ90分かというと、そう、「参加体験型」のセミナーだからなんです。

参加体験型ってどういう意味かって?

まあ、これから紹介いたします。

参加体験型というのは、つまり・・・何?。

こんな感じ。

デスク④.png

これは、ある企業様で開催した「デスクの収納 実践セミナー!」の風景。

何をやっているかというと、

デスクの引き出しの中のものを実際に並べ、「使う」「使わない」の仕分け方の実践です。

デスク②.png

デスク③.png

仕分けをした後、最終的に100均小物を使ってきれいに収納してゆくんですが、

これ、男性と女性で仕分けの考え方に差が出て、結構面白いですよ。

そして今回開催したのは  

「クローゼットの片付け術」

収納セミナ.png

講師は、トヨタホームリフォームではお馴染みとなっている 

ぱぱっと収納 put it 代表の「百武永笑」さん。

CBCテレビなども出演している「整理・収納 1級認定講師」の先生です。

百武先生.png

とにかくエネルギー溢れる方なので、90分もあっという間! 長いと感じる暇もありません。

クローゼット収納をどやって参加型にするか・・・。

それは1年前・・・ 

はじめてクローゼット収納を企画するときに、國枝・佐々・中本の三人で考えていました。

「どうしたら参加したお客様方に満足(腹落ち)していただけるセミナーになるだろうか?」

スクリーン画像を使った解説だけではなく、実際に見せられないかと。

そこで出た案が、「会場にクローゼットの実寸モデルを作ってしまおう!」 

(単なるノリです。)

ということで、実際に作ってしまいました。

そして実践セミナーでは、参加者の方々でグループを作り、それぞれの収納方法を話し合い、

その方法で実際にクローゼットに収納していただきます。

ただ、今回は新型コロナ感染防止のため、グルーピング及び参加型は自粛とし、講師による

実演型セミナーとしました。

最初のクローゼット内の様子は、我が家でも見かける「ごちゃ」とした押し入れのイメージ。

(皆さんのお宅はこんなことはないですよね

スタート①.jpg

じつはこれ、すべて百武先生の持参品なんです。すべてセミナー用に持ってきてもらいました。

(今回は感染対策として、先生はフェイスシールドをしての講演です。)

先生が片付けテクニックを伝授しているその後ろで、アシスタントの方がクローゼットの

中の物を次々と外へ運び出してゆきます。

②Inkedスタッフ_LI.jpg

まずは洋服を次々と外に置いたパイプハンガーへ移動。

③Inkedスタッフ②_LI.jpg

移動しながら、服を掛けているハンガーもすべてお揃いのものに替えてゆきます。

ハンガーをすべてそろえるだけでも、クローゼット内がとても「キレ~~イ!」に見えます。

④Inkedスタッフ_LI.jpg

そして、空になったクローゼットに、再び出したものを収納開始。

⑥Inkedスタッフ⑤_LI.jpg

その間も先生は収納テクニックの解説を。その解説に合わせて、どんどん収めてゆきます。

⑦Inked最終_LI.jpg

先生とアシスタントさんの素晴らしいコンビネーションで、見事にレイアウトされてゆきます。

⑧Inkedフィナーレ_LI.jpg

見事にすべて物が収まりました。

終わってみると、「あらま、こんなキレイに!」と驚くほど。(最後の写真だけ別日開催のものです。)

セミナー終了後は、皆さんクローゼットの前で先生にいろいろ質問していました。

みなさん同じ悩みを持っていたんですね。

次回の開催は9月   (の予定)

キッチン収納9月.png

今度はキッチン収納のテクニックをお伝えすべく、会場にセットするシステムキッチンを

ご協力いただけるメーカーさんに手配中です。

あ、そうそう、

この日育休中の佐々さんが、赤ちゃん連れて遊びに来てくれました。

佐々ベイビー.png

赤ちゃん、かわいいですね!

以上、今回は収納セミナーのご紹介でした。

次回をお楽しみに。 営業企画室の國枝でした。

2020年 08月 03日セミナー開催しました!

お役立ち情報

みなさんこんにちは。

トヨタホームリフォーム 企画室の國枝です。

長かった梅雨も明け、今度は連日一気に猛暑 となっていますが、

みなさんお体 大丈夫でしょうか?

今年は本当に梅雨が長く、また、各地でいろんな被害も出ており、コロナに加え大変な6月~7月を

送っている方が大変多くありました。

直撃被害の無かった方々でも、今、野菜の高騰といった影響も出てきています。

一日でも早く、国民の皆さん一人一人が安心して暮らせる日が来ることを切に願うばかりです。

私事ですが、

ここ数年は空(カラ)梅雨が続き、雨が降らないと畑の水やりも中々大変で、

「雨よ降ってください」と祈ることがとても多くありました。

が、今年に限っては一転、「とにかく早く止んで!」と願う毎日でした。(がんばれ太平洋高気圧!!

梅雨というのはとてもうっとしいものですが、お百姓さんにとって なくてはならない季節の

風物詩なんです。

でも今年は日照が少ないことで野菜の生育にも影響が出ています。

我が家でもこの長雨、畑に影響が出ていました。

「降って!&晴れて!」が繰り返されることによって、青々とした張りのある野菜ができるのですが、

土の乾く暇が無く、根腐れや、大きくなれないまま熟す前に腐ってしまうものも出ていました。

(これまで、7月の内にゴーヤが黄色くなることはあまりなかったのですが。

ゴーヤ.png

でも、やっと晴れ間に元気が出てきて、私の大好きな夏のジリジリ感が漂ってきました。

(8月生まれ おとめ座 夏大好き

今回は,そんな長梅雨だった7月に、トヨタホームリフォーム本社(豊田市大林町の「すまいる館」)

で開催した、いくつかのセミナーの様子をご紹介をしたいと思います。

5月に新型コロナウィルスの影響で中止となったセミナーを中心に7月にスライド、

追加も含めて再スケジュールし開催しました。

(お申し込みを多くいただいた「収納セミナー」は1コマ、「DIYセミナー」は2コマ、

 合計3コマを追加して開催いたしました。

天候・足元の悪い中ではありましたが、10コマのセミナーを開催し、実にのべ55組73名の方に

ご参加をいただきました。

ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

セミナーの内容は大きく分けて4つ。

 ~夢のリフォームをかなえるポイント~

 ~色彩と照明~

 ~収納テクニック~

 ~DIYの始め方~

その中でも、一緒に学べる参加型のセミナーを中心に、皆さんの楽しそうな様子を

ご紹介したいと思います。

まずは「暮らしと灯り 暮らしと色彩」について。

セミナーパンフ 色彩.jpg

講師は、トヨタすまいるライフ㈱ 大名古屋ビルヂング10Fにある「ラシクラス」所属、

建築士でインテリアコーディネーター、さらにキッチンスペシャリストの北田さん

トヨタホームリフォームの営業部に所属、主にVIPや大規模リノベーションを担当している

建築士・照明士、そしてインテリアコーディネーターの中本さんです

二人のセミナー.png

6月27日のブログの投稿でもご紹介したこのコンビ。

奥様方が望む「こだわりの空間」「こだわりのリフォーム」を実現するには絶対この2人。

この2人ならば、とことん皆さんの「思い」に耳を傾け、女性ならではの経験を基に

女性目線でのプランニングを作ってくれます。

これは、我々男性では絶対かないません。そんな2人がコンビで開催しました。

このセミナーでは、北田さんが「色彩」について、照明士の中本さんが「灯り」について教えてくれます。

北田さんの色彩 では、「色」の持つ基礎(ベース)と、その「色」が作り出す世界を知り、

その色彩コーディネーションについて学びます。(「快適な暮らしのお手伝い」夏号でもご紹介してます。)

色彩①.png

「色」の持つ基礎(ベース)とは、すべての色が「ブルーベース」と「イエローベース」に分類され、

そのベースが「暖色・寒色」を醸し出すそうです。

Inked北田さん②_LI.jpg

コーディネーションの実践スクールでは、数点の壁紙やフローリングなどを使って、

2つのベース(イエロー・ブルー)の見極めを体験します。

Inked北田さん③_LI.jpg

みなさん、実際に数点の壁紙サンプルとフローリングサンプルを手にしながら、微妙な色彩の違いを

見極めつつ、「イエローベース」「ブルーベース」に分類していました。

中本さんの照明 のお話では、空間にもたらす照明の力を教えていただきました。

照明 力.jpg

また、そんな照明の力を演出するためには、必ず照明設計が必要で、一つ一つの配置計画にも「設計」が伴う

ということを学びました。

中本講師.png

照明の形状・明るさによって数量やレイアウトを計算し、リフォーム工事前に照明計画を

作っておくことが大切ということです。

ご興味のある方は、次の機会にぜひ「暮らしと灯り 暮らしと色彩」セミナーにご参加ください。

そんな中本さん、セミナー当日こんな照明器具を持ってきてくれました。

中本照明②.png

本体の素材は「紙ひも」で光源は100均で買ってきた「LED照明」です。

夜、灯りを灯すと、とても幻想的だとか。

じつは、この照明、中本さんがDIYで自作したものなんですって。

中本照明①.png

作り方

風船に木工用ボンドを塗り、そこに100均で買った紙紐をぐるぐるぐるぐると巻き、

その上から、紐がばらばらにならないよう再び木工用ボンドを塗ります。

表面が乾き固まったら、最後に風船を割る。

100均で購入したちっちゃなLEDライトをはめ込めば完成。

とても原材料200円そこそこで完成した照明とは思えない、完成度の高い照明です。

みなさんもこの夏のDIYでお試しください。

この照明についてのご質問は、トヨタホームリフォーム営業部 中本まで。

ホームページのお問合せフォームからでもOKです。

さて、今回は7月4日に開催された「暮らしと色彩、暮らしと灯り」について

ご紹介をさせていただきました。

次回は、トヨタホームリフォームで開催の中でも鉄板中の鉄板、「収納セミナー」について

ご紹介いたします。

以上、トヨタホームリフォーム企画室長 國枝からのご紹介でした。

2020年 07月 16日休日の過ごし方

DIY

みなさん こんにちは。

トヨタホームリフォーム 企画室の國枝です。

まだまだ雨は降り続き、各所で被害も出ていますね。

被害にあわれた方々へお見舞いを申し上げるとともに、一刻も早い日常への復旧をお祈り

しています。

3週間ぶりにブログを更新しているのですが、最近のブログの話題は、イベントのご案内

ばかりで面白味が無かったので、 今日はちょっと一休み。

今回は、ちょっと長めのお話、わたくし國枝の休日を紹介したいと思います。

今年のゴールデンウィーク中、5月1日のブログで、「二足の草鞋」と題して、

私の農作業風景をご紹介しました。

農作業スタイル.png

(これは去年の写真)

だいたい今のシーズンの6月~8月は、毎年、休日の多くを畑仕事に費やしています。

まあ、畑仕事というより「雑草退治」ですかね

月に2回のごみ回収の際は、ごらんのとおりです。

雑草.png

(毎回こんな感じです!)

そんな農作業のオフシーズンや畑仕事の合間を使ったわたしの休日の過ごし方、

実は、もう一つの「草鞋(わらじ)」である

  素人の手習い「DIY」などに精を出しているんです。

つまり、「三足目の草鞋」になりますかね。

リフォームの会社に勤めているから「DIY」はお手のものでしょう・・・・・と思う方もあるかもしれません。

そんなことはありませんよ。

わたしも本格的にDIYを始めたのは1年前から。

「素人による素人のためのDIY」なんて、偉そうにセミナーなんぞもやってますが、

DIYセミナー.jpg

本当に始めたのはごくごく最近なんです。(だから「素人が教える・・・」なんです。)

そもそも、「ではなぜ突然DIYを始めたの?」というと、

「始めたいけど、始められない」という

素人DIYセミナーに参加される方々にもよくお話するんですが、

物事を始めるためには「理由」や「目的」が必要なんです。

私の場合は「収納」!!

整理・収納アドバイザー2級の資格を取得してから、少しずつ整理することに

興味が出始めたからです。

そこで、このブログを活用して、私がこの1年の間に手掛けたDIYの事例を、いくつか

シリーズでご紹介します。( 宣言してしまった

今春4月21日のブログで「ちっちゃなDIY」を紹介しましたが、DIYって

決して日曜大工的なものばかりではないんですよね。

そんな小さなDIYからどう見ても大工さん的なDIYまで、できる限り紹介します。

振り返ってみると、2019年3月7日にupしているブログで「國枝邸のDIY講座 -現状把握編-」を

話題にしています。

が、実はその後、なにも更新がされてないことに気づきました。

そこで、まずはこの現状把握したものが、どのようにDIYで改善されたかをご紹介したいと思います。

現状把握

1現状①.jpg

寝室の窓際に置かれている衣類やバッグ。

ずっと置かれていたので、そこに何の疑いもなく過ごしていましたが、

ある日、「これ、なんでここに置いてあるんだろう? もう少しスッキリさせたいな~~!」っと。

では、「まずはこれをきれいに整理してみよう!」

などと考え始めたんです。

「何処かに片付けないと!」と思いながら

部屋の中を見渡してみましたが、なんと家の中に

       「片づける収納スペースが無い!!!」 

                 ってことに気づいたんです。

さあ、ここからがDIYの始まりです。

スペースが無いなら作ればいい!

なんですが、実はここでストップ。

これまでDIY的なことなど、あまりやったことが無く、

手が止まってしまいました。

心の中にあったのは、

【収納=箱もの】⇒【箱は板材をカットして組み立てる】⇒【板材をまっすぐ切るのはむつかしい】

結果「めんどくさい」と。

ここで壁が立ちはだかり、前に進めなくなりました。

休みの日にはなんだかそのことが気になり、ぼーっとは考えてはいたのですが、

やっぱり手につかない。

それから経過すること数日、ある時、何年か前に聞いたことのある話を思い出しました。

ミニカー専門ショップのオーナーが言っていた、「2×4材で簡単にコレクション棚が作れる!」

そうだ!!  板がだめなら「枠」だ!!!

板を使った箱ではなく、枠をつないで箱を作ろう。

木材なら簡単にカットできる!!!

そこからは早かったですね。

設計図の書けない私は(リフォーム会社勤務ですが)、寸法イメージと材料計算の為、世にもひどい

ラフスケッチを書き上げ、

ラフスケッチ.png

必要な材料数を拾い出し、いそいそとホームセンターへ。

幸い我が家には、父の形見の軽トラが有った為、材料運搬には困らず、初めての2×4を購入。

軽トラ.png

あとは、ラフスケッチをもとに、テキトーに材料をカットして(実は丸ノコも形見であった!)

あとはを組み立てるだけ。

材料③.jpg

4材料②.jpg

組み立てた枠を、部屋の窓際に

5設置前.png

1本目 

6枠①.png

2本目

7枠②.png

3本目

8枠③.png

1本、2本、3本、と、サプライズの為 奥様に見つからないようこっそり2階に運搬。

9繋ぎ.png

運び込んだ枠材を順番に並べ、倒れないようつなぎました。

ベンチタイプの収納 「完成~っい!!!

そして、キッチンで家事をしていた奥様を2階へご招待!

家の中での作業は枠を並べただけで(若干電気ドライバーは使ったけど)とても静かで、

しかも、半日程度で組み立てられたため、奥様は全く気付いておらず、

突然この収納を見て、驚きと喜びをいただくことが出来ました。

と、今回のDIYは無事成功! ここまでかかった費用は?

材料代 2×4材:741円*3本 1✕4材:550円*2本 金具:80円*6個 =3,803円(税別) でした。

(ビス・収納ボックスは別)

あとは奥様とニトリに行って、収納ボックスを購入してきました。

収納ボックス修正①.jpg

収納ボックス修正②.jpg

上段に衣類ボックス 下段にはバッグ類

上手に仕分けができました。

12ボックス③.png

14ボックス⑤.png

(掛けてある布は、私の母の所蔵品です。)

まずは1例、DIYのご紹介。 

以上 國枝の休日の過ごし方紹介 第1回目でした。

2020年 02月 25日住まいの悩み

実例集

こんにちは

トヨタホームリフォーム 営業企画室 佐々です。

お客様に「住まいの悩みは何ですか」と伺うと

・昼間なのに家の中が暗い

・夏は暑くて、冬は寒い

・間取りが使いにくい

など

様々なご意見をいただくことがあります。

でも、ダントツで一番多いのは『収納が少ない』というお悩み

収納に関してはセミナーを行ってお役に立てていただこうとはしていますが、解決の難しい課題ではあります

なぜ難しいかというと「物の量と場所を把握しきれていない」という原因があるためです。

まず物の量。

単純に必要以上の物が家に溢れかえっていては、収納スペースに収まりきらないのは簡単に想像できます

次に物の場所。

極端な例ですがキッチンに洗濯済の服があっても邪魔なだけですし、寝室に洗剤のストックがあってもすぐに使うことはありませんよね。

適度な量をあるべき場所に収納しておくということが重要なのです

一方でとても収納上手なお客様もみえます

20200218 収納1.jpg

▲キッチン横の収納

20200218 収納3.JPG

 ▲洗面室収納①

20200218 収納4.JPG20200218 収納2.JPG

 

         ▲左:洗面室収納②、右:クローゼット収納(こちらはプロ:整理収納アドバイザーが行った収納です)

 

どの写真も物をグループ分けしてカゴや容器を利用し統一感を出して収納されていて、とてもスッキリ見えませんか

私の自宅はついつい物が増えてしまって、カゴから溢れてしまっているので見習わないと

2019年 10月 28日大人気!収納セミナー☆

セミナー

こんにちは

トヨタホームリフォーム 営業企画室 佐々です。

10月14日で閉幕しました『すまいる博』ですが、その中でも"平日セミナー"『すまラボ』で開催しました。

『自分で実践できる"すっきり"収納セミナー』が大好評を頂きました

毎回、ぱぱっと収納Put it 代表の百武先生のセミナーは大人気なのですが、今回はあまりにもご予約が早く埋まってしまったため、午前・午後の開催となりました

 

今回はどのお宅にもある、【勝手に開けて欲しくない収納】を実現して、そこにスッキリ収納するコツを伝授していただきました

20191022収納セミナー報告2.jpg

たたみ一畳分のスペースのよくある収納をイメージして、このセミナーのために大工さんが作ってくれました

ありがとうございますーーー

その大工さんが愛情込めて作ってくれたクローゼット収納の中に左手の衣類たちを入れて再現します

写真には写っていませんが扇風機やキャリーケース、奥の方には布団もあります

セミナーが始まると、みなさん真剣にお話を聞かれていました

IMG_1355加工済.jpg

片付けなきゃとは思っていても、なぜかパンパンになるまで詰め込まれてしまっているクローゼット。

クローゼットの中で占拠するアレやコレ...具体的に先生が例を挙げられるとみなさん「うんうん」とうなづかれていました。

そして、実際にお客様に収納していただく体感ワークを行いました

20191022収納セミナー報告4.jpg20191022収納セミナー報告3.jpg

お一人参加の方も同じテーブルの方と話し合いながら収納してくので、セミナー終わり頃には最初からお友達参加だったかのように仲良くなれちゃうのが百武先生の収納セミナー

先生が用意していただいている収納グッズを使って、あーでもないこーでもないとみなさんで収納していっていただきました

そして完成したのがこちら

20191022収納セミナー報告5.jpg

みなさん、いろいろと工夫されて入れていただきました

ですがここからプロによる収納テクニックで総入れ替えして解答例を作っていきます

20191022収納セミナー報告6.jpg

シュババババっと忍者のように俊敏な動きで入れ替えられていきました

20191022収納セミナー報告7.jpg

百武先生のセミナーはいつも「モノを捨ててください」とは言われません。

限られたスペースに収納しようと思うと、思い切った断捨離が不可欠だと思われがちですが、実はそうではないと言われます。

衣替えをしてどこになにがあるかわからない方

年末に向けて家の中をスッキリしたい方

そう思ったタイミングこそ身体が動くチャンスです

是非こちらのボタンを押して

20191022収納セミナー報告8.jpg

「家の収納を何とかしたいんです」とご相談ください

お待ちしています

2019年 08月 03日HDC 収納セミナー開催しました!

HDC

こんにちは

トヨタホームリフォーム 営業企画室 佐々です。

2019年7月21日(日)、名古屋駅前 大名古屋ビルヂング内『ハウジング・デザイン・センター』にて、

収納セミナーを開催しました

講師いただいたのは、

『ぱぱっと収納 Put it 』代表の百武永笑先生

前回、すまいる博の平日セミナー『すまラボ』でキッチン収納のセミナーをいただき、大好評だった先生です

20190517セミナー様子3.gif

前回の様子はコチラ

今回、その百武先生にまた違う切り口でセミナーをいただきましたよ

『あなたらしいモノの持ち方手放し方』

として、タイプ別診断とグループディスカッション形式のセミナーを開催いたしました

20190721収納セミナー報告1.jpg

今回はセミナーにお越しいただいた方皆様にご自身のお家にありそうなものをどう管理するか話し合いをしていただきました。

最初は初めて会う方同士でグループディスカッションってうまくいくかなぁ

と心配していたのですが、「うちはこんな感じですー」「え?お宅はそんな風にされるんですか」「これはどうしましょ

このような感じで、グループごとでヒートアップ

20190721 収納セミナー.jpg

写真はモザイク加工をさせていただいているのですが、皆さん満面の笑みなんですよ

表情から楽しさがお伝えできないのが残念です

本当に本当に楽しくて面白いセミナーだったのでもっと詳しく紹介したいのですが、今回はこれくらいで控えさせていただきます

なぜなら!ブログ上で文章で内容を知るよりも実際に先生のお話を聞いて体感する方が絶対楽しいセミナーだからです

そして、そのセミナーを実際に体感できる予定がすでに決まっています

2019年10月11日(金)に豊田市大林町のすまいる館で収納セミナーを企画しています

20190721 収納セミナー3.jpg

実はこの10月11日(金)のセミナー、午後のみの開催予定だったのですが、あまりの人気で午前も開催することになりました

ご希望の方はお問合せフォームより『セミナー・相談会の申込』、次にご希望の日付(現在、豊田会場:10月11日(金)10:00~、11月23日(土・祝)13:30~、名古屋会場:10月19日(土)13:30~が選択できるようになっています)にチエックを入れ、必須項目を入力の上、『入力内容を確認する』ボタンを押してください

お問合せフォームはコチラ

2019年 06月 07日収納 Before&After

セミナー

こんにちは

トヨタホームリフォーム 営業企画室 佐々です。

先週、すまいる博閉幕の記事を掲載しましたが、まだまだ伝え足りない

講師いただいた『ぱぱっと収納 Put it 』代表の百武永笑先生は本当に面白いんです

もっとたくさんの方に収納に興味を持っていただきたい

っということでもう少し深くお話したいと思います

20190517セミナー様子2.gif

トヨタホームリフォームでリフォームでよくご相談いただくのは

「収納が足らないから、もっと収納する場所を増やしたい」

っというもの。

ここで考えていただきたいのが、『なぜ収納が足らないと思ったのか?』っということ。

答えとして考えられるのは

・引き出しやクローゼットに物が入らないから

・収納スペースに物がしまえず、出しっぱなしになっている

などでしょうか。

では、なぜ、しまい込んでいる物 すべてを収納しておかないといけないのでしょうか

今回のセミナーでは

物の本当の必要性を知って物を厳選すること

本当に必要な物を必要な場所に配置する

この2点のコツを百武永笑先生に教えていただきました

そして、普通のセミナーと違うのは本物のキッチンを使って、実際に物を入れて体感いただくという内容です

20190517セミナー様子3.gif

何も入っていないキッチンにたくさんのキッチン雑貨、調味料などを皆様に入れていただき、その後プロによる収納で答え合わせをするという内容です

IMG_9976加工済.jpg

みなさん、あーでもない、こーでもないといろんな場所にいろんなものを収納していっていただきました

お客様の入れていただいたのはこちら

b-3.jpgb-2.jpg

そして、プロの収納したキッチンがこちら

a-3.jpga-2.jpg

少ないアクションで欲しいものが手元に届くように置かれているんです

百武先生によると「キッチンはコックピットにすべき」なんだそうです

飛行機のコックピットのように必要なものが手を伸ばせば届くよう配置すれば、少ない移動ですべての作業が完了できるようになります

先生のご自宅はそのように実践されているそうで、コックピット収納のおかげで食事の支度をしながらお片づけまで完了し、片付いた状態で家族みんなで食事ができるようになるそうですよ

今回はキッチン収納についてですが、10月にはクローゼットの収納についてのセミナーを企画しています

実はこのセミナーを聞かれた方で次のご予約をいただけた方もたくさんみえます

少しでも「聞いてみようかな」っと思っていただけた方は是非お早めにご予約の上、ご自分で体感してみてください

ご予約はお問い合わせもしくはフリーダイヤル0120-55-8617まで

お待ちしています

2019年 04月 19日國枝邸DIY講座 -ペン編-

DIY

みなさんこんにちは。営業企画室長の國枝です。

次回は我が家の実践DIYを紹介しますと言いつつ、なかなかupできず、1ヵ月過ぎちゃいました。

みなさんにお見せしよう思って撮った桜は掲載準備している間に葉桜に...

ペン2.jpg

さて、今回は我が家の「実践DIY」ではなく、「整理・収納」のお話をさせてください。

最近、テレビなどでは「断捨離(だんしゃり)」や「収納」という言葉をよく耳にします。

特に女性の方は興味の魅かれる言葉ですよね。私も仕事柄「収納セミナー」は時々聴講をいたします。

お話を聞くと「なるほど!! 今度の休みにやってみよう。」と、その場ではすごくテンションが上がるのですが・・・。

実際にやってみようとすると、クローゼットのあふれる物たちを目の当たりにし、「何から手を付けよう??」という感じになってしまい、思わず「また今度!!」と、せっかく開けたクローゼットの扉を閉めてはいませんか?

実は私もその一人だったんです。

あの日がくるまでは・・・。

先日、佐々がブログに掲載していますが、「整理・収納アドバイザー」ってご存知でしょうか? 

ハウスキーピング協会をご参考に。)

役に立ちそうと思い、その整理・収納アドバイザーの資格を取りに行ったのです。そのときの講習が本当に「やれそう!!」と思わせる内容だったのです。

講師の先生は整理収納アドバイザー1級認定講師の小川奈々先生。

(先生のブログ「感動の整理収納」

とりわけ先生の実話で衝撃だったのが、とあるお宅でボールペンを集めてみたというエピソード。

実に100本以上・・・・あったそうです。

私でもすぐに実践できそうだと思い、我が家のペン類を集めてみました。

すると、期待を裏切らず、鉛筆・ペン類で100本超えました。

ペン1.jpg

▲集まったペンの一部。

集まったペンたちは整理し、仕分けをして収納

使いたいときにすぐ手が届く場所でリビングテーブルに引き出しがあったのでそこをペンたちのお宿にすることにしました。

100均ボックス3つでお金もかからない(しかも美しい!!!)

ペン3.jpg

ペン4.jpg

▲書けないペンは思い切って処分しました。実はこんなにありました。

収納はちょっとした時間を利用しながら、身近な一つの成功体験を続けることが大切。

順序は、「全部出す」⇒「仕分ける」⇒「収める!」。

「断捨離」や「整理・収納」って、テレビや本の中だけのことではなくて、身近な家の中の出来事なんですよ!

そんな整理・収納について、5月17日(金)には整理収納アドバイザー認定講師で「ぱぱっと収納Put it」代表:百武永笑先生に来ていただき「キッチン収納セミナー」を開催します。

ご興味があればトヨタホームリフォーム営業企画室 佐々までお問い合わせください。

場所はトヨタホームリフォーム豊田本社です。

次回はこそ「実践DIY」掲載しますどうぞお楽しみに

CONTACT
お問い合わせ

「まず、何から始めればいいの?」「相談できるお店を探したい」など、
リフォームに関するご質問は、お気軽にご相談ください。

TOYOTAHOME REFORM

トヨタホームリフォーム株式会社

〒473-0902 愛知県豊田市大林町1丁目81番地
TEL 0565-24-1251(代表)

建設業許可:愛知県知事(特-30)第69036号
宅建業免許:愛知県知事免許(2)第22581号
一級建築士事務所:愛知県知事登録(い-30)第12737号

  • TOYOTA HOME
  • トヨタすまいるライフ株式会社