洋室

洋室

洋室は、寝室や子供室等に分けられます。
寝室は一日の疲れを癒すために静かで落ち着いた空間にすること、子供室は、子供の成長に合わせ、レイアウトや収納が変えられるよう工夫することがポイントです。

内装材

内装材

寝室は落ち着ける空間にするためにも、あたたかみのあるカラーがおすすめです。
子供室は、キズがつきにくく、お掃除がしやすい素材選びが必要です。
また、どちらともアレルギーなどに配慮した調湿・消臭効果のある自然素材等を取り入れるのも良いでしょう。

収納

収納

収納は各部屋床面積に対し20%の収納スペースが必要といわれています。
特に寝室は夫婦二人分の衣類や小物を収納するため、余裕をもった収納スペースが必要です。近頃は収納量が多く、部屋がスッキリするウォークインクローゼットにするケースが増えています。
また、子供室は子供に片付ける習慣を身につけさせるレイアウトが必要です。また、子供の成長によって移動できる可動式収納もお勧めです。

その他

その他

部屋の広さに余裕があれば、プラスアルファのスペースを造ってみては。
夫婦二人でゆっくり会話を愉しむスペースや、映画を観るシアタースペース、書斎や趣味・パソコンのコーナーなど、ちょっとしたスペースが主寝室をゆとりの空間に変えてくれます

照明

照明

照明選びは寝室・子供室によってまったくことなります。
寝室はリラックスするために、光がやわらかでまぶしすぎないあかりを選びます。
明るさが調節できる器具をとりいれるのもよいでしょう。
また、リモコン付きの器具はベッドの中から操作できて便利なので、寝室に最適です。子供室は目にやさしいインバータタイプの全般照明と机の上のデスクスタンドを組み合わせが必要です。
どちらも明るい光の昼白色蛍光灯がおすすめです。

窓・採光

窓・採光

寝室はぐっすり眠る為に、静かな環境づくりが大切。窓の防音性を高める必要があります。
既存の窓の内側に樹脂製の内窓をつけて二重窓にする方法や、ガラスを複層ガラスに変更する方法、後付けの雨戸を付ける方法などがあります。
子供室は自然光がたっぷり入って、風通しのよい部屋にする必要があります。
暗い部屋の場合、窓を大きくしたり、新しく窓をつけることが一番ですが、別の部屋や廊下側に明かりとり窓を付けることで改善する方法もあります。

ページトップに戻る