外壁・屋根

外壁・屋根

外装材は住まいの印象を左右するだけでなく、紫外線・風雨、暑さ寒さから住まいを守る重要な素材です。
様々な種類がありますが、それぞれの性能や特徴を知って、家族のためにも我が家に合うものを選びたいですね。

屋根(葺替え・カバー工法)

屋根(葺替え・カバー工法)

屋根の葺替え・重ね張りにはデザインだけでなく、性能にも考慮し、耐風性能や耐震性能の高い物で葦替えする事をオススメします。
下地や現状の劣化具合により、葦替えではなく、カバー工法という現状の上に重ねて屋根材料を葺く場合もありますが、この時には下地をやり替えないので荷重にに注意し、軽くて高性能な材料を選ぶ事が多いです。

屋根(塗装)

屋根(塗装)

屋根の塗装メンテナンスの場合には、太陽光線に対する反射率と熱放射率に優れた塗料で、屋根の裏面温度を従来の屋根用塗料と比較し、15℃~20℃低減できる様な高品質な物で塗装する事をオススメします。
また、現状の屋根材に合った塗料で塗装しないとはく離の原因にもなるので注意が必要です。

外壁(張り替え・重ね張り)

外壁(張り替え・重ね張り)

外壁の張り替え・重ね張りにはデザインも重要ですが、性能にも重点を置いて選ぶ事がポイントです。
現在では雨水が外壁の流れを洗い流し、外壁を美しく保つ画期的なサイディングもあり、張り替え時にオススメです。
また、重ね張り工法の場合、現状の下地状況等を的確に判断し、建物に荷重の負担がかかりにくい軽い素材で耐久性に優れ美しさを長持ちできる金属形の物や、水に浮くほど軽い意匠性に優れたタイルで重ね張りすると見映えも格段にUPします。

外壁(塗装)

外壁(塗装)

外壁の塗装メンテナンスの場合には、水性で環境に優しいシリコンタイプ、セラミックハイブリッドシリコン樹脂の入ったカビや藻も発生を抑え、耐候性に優れた商品で塗装する事をオススメします。
最近では太陽光が汚れを分解し、雨で汚れを洗い流すセルフクリーニング効果のある塗料もございます。
また、塗装の場合、外壁面を同じ色で塗ってしまう為、現状にタイル調の様な模様がある場合でも塗りつぶしされてしまう事が多いですが、そういう意匠性をそのままに耐久性に優れた保護クリヤーを用いてメンテナンスする事もできます。

ページトップに戻る