和室

和室

内装材

内装材

畳は吸湿性に優れていますが、近年カビやダニの問題で健康に配慮して畳床にひのきや炭を使った畳など色々な畳が登場しています。
デザイン性では、縁のない琉球畳やカラー畳も人気で、畳の暖房も注目です。
壁材はジュラクだけでなく、調湿効果のある珪藻土を使った塗り壁・調湿タイルや和紙のクロスなどがおすすめです。

収納

収納

収納物に合わせて効率よい収納を計画します。客間として使う場合はあまり家具などは置かず装飾部分も考えます。
寝室として使う場合はクローゼットや埋め込み型の収納ユニットにするのもいいでしょう。
また床下収納などもおすすめです。スッキリとさせることが和室の収納では大切です。

窓

基本的に和室の場合、引き違いの窓に内障子が入っていて薄暗い印象です。
明るくしたい場合は窓を大きくしたり、増やしたりします。窓を取替えない場合でも、内障子を和紙のブラインドやロールスクリーンにするだけで明るい雰囲気になります。

照明

照明

和室の照明は客間、寝室など用途に合わせて選ぶことが大切です。
茶の間として使う場合は明るめの蛍光灯、客間として使う場合は落ち着いた白熱灯がおすすめです。また、最近は天井にぴたりと設置できるシーリングが主流ですが、竿縁天井などの本格的な和室にはペンダントライトが適しています。
天井をスッキリさせたい場合は埋め込み器具もおすすめです。空間の演出には和風のフロアスタンドが最適です。

その他

その他

和室を茶の間として使う場合は、床暖房や堀座卓を設けたり、床をリビングとフラットにつなげ一体化させることがおすすめです。
また逆に和室の床高を30cmくらい上げて床下を収納にし、畳コーナーと収納を両立させることもおすすめします。

和室イメージ

ページトップに戻る