リビング・ダイニング

リビング・ダイニング

ゆったりとくつろげる雰囲気つくりだし、家族が自然に集まる空間にしましょう。
光や風をうまくとりいれ自然を生かしたり、好みのインテリアで統一して落ち着きを演出したり、家族構成やライフスタイルにあわせた我が家だけのリビングを実現しましょう。

内装材

内装材

家族皆が快適に過ごせる場所のためには、デザイン的な要素は最大公約数で統一するためスッキリとした空間とします。
人の集まる場所なのでより快適にすごせるよう調湿タイルや機能性クロスなど、ペットが家族の一員の場合も汚れや瑕に強い材料を選んだり目的に合わせて選びましょう。床暖房は安全で衛生的なためリビングにはもっともオススメです。
カラーの点では、ベースとなる床材の色相によりお部屋のイメージが決まります。最近は、面積が大きい壁面の一面だけを「アクセントウォール」として個性的なクロスを貼って雰囲気をつくるお部屋もあります。

収納

収納

家族が集まるところのため雑多な小物も多いものです。またテレビやパソコンなどの機器類も多く、壁面収納などたっぷりかつスッキリ片付く計画が必要です。
置き家具の場合はなるべく奥行きや高さを揃えて並べるとお部屋が広くみえるので、お手持ちの家具の寸法を測って壁面と照らし合わせてみましょう。

窓

光と風がたっぷりはいる空間とするため、大きな窓となることが多い場所です。開口部からの熱の移動が大きいので、ペアガラスにしたり熱線反射などの機能ガラスにすることをオススメします。
またカーテンもお部屋のイメージの大切な要素ですのでデザイン・機能あわせてコーディネイトしましょう。

照明

照明

いろいろな雰囲気が演出できるよう、シーリングなど主となる器具以外に、ダウンライトやブラケット、スタンドなど部分的な光をプラスしましょう。
低い位置からの光は、夕日をイメージするように深いくつろぎを演出できます。また蛍光灯など直接光源が見えない計画をするのも、優しい光の落ち着いた空間になります。
省エネのため、電球ではなく蛍光灯が主流になり、電球色の蛍光灯も出ています。光の色味にもご注意を!

ページトップに戻る