キッチン

キッチンレイアウトを考えよう

キッチンのレイアウトを考える時に考えたいのが作業効率。広いイコール使いやすいキッチンとは言えません。作業動線は短い方が疲れにくいと言われています。キッチンで行う作業の「冷蔵庫」「コンロ」「シンク」の3つを結んだ、バランスがいい方が使い勝手の良いキッチンです。
バランスの善し悪しを見るには目安の一つとなるのが「ワークトライアングル」です。「ワークトライアングル」とは、「冷蔵庫」「コンロ」「シンク」の3つの位置決めとそれを結ぶ動線の事です。一般的にワークトライアングルの1辺は2~3歩以内に抑え、3辺の合計が360cm~600cmに納まるのが適切と言われています。
またI列型キッチン(※下参考)では360cmを超えると使いづらいと言われています。

キッチンのレイアウト

お部屋の形・配置に合わせて、色々なパターンで検討してみましょう。

形から分類

■I型キッチン
I型キッチン
壁面に1列に並べた最もベーシックなレイアウトです。
幅が長すぎる場合は無駄な動線が多くなり、作業効率が悪くなるので、幅は広くても360cmまでにしましょう
一般的な対面キッチンもI型になります。
■II型キッチン
II型キッチン
2列平行に並べたレイアウトです。I型より作業動線が短いので、効率よく作業できますが、振り返る作業が増えます。シンクと加熱調理器が前後に設置する時は、斜めにずらすと作業も楽で、危険も少なくすみます。
また、2人以上で作業をする場合は通路幅を90~120cmは確保する必要があります。

■L型キッチン
L型キッチン
コーナー部分があるのが特徴で、身体の動きを90度変えるだけなので、作業動線が短くキッチン空間汚作業性が高くなります。
コーナーを活かすことでカウンターや収納スペースを広く使えますが、コーナー部分を上手に使わないとデッドスペースになってしまいます。
■U型キッチン
U型キッチン
作業動線が広く、収納も多くとることが出来ますが、U型のためにある程度の広さが必要です。
また、L型キッチンよりもコーナー部分が増えるので、デッドスペースに注意し、有効に使いましょう。

キッチンの配置から分類

■アイランド型キッチン
アイランド型キッチン
調理設備の一部を島のように独立して配置されたレイアウト。
アイランド部分にシンクまたは加熱調理器、もしくはその両方が設計されるものが多く、大人数で作業する事が可能です。
作業スペースや通路を確保するのに十分なスペースが必要です。
■ペニンシュラ型キッチン
ペニンシュラ型キッチン
カウンターが半島のように突き出したレイアウトです。
設計の自由度が大きいので個性的なキッチンを作ることができます。
一般的にはダイニングキッチンなどオープンキッチンのように使い、LDに接している事が多いので、リビングからの視線を考慮する事が大切です。
ページトップに戻る