防犯

約7割が、ガラスを破って侵入

警視庁の統計(2007年)によると、一戸建てを対象とした空き巣の約7割がガラスを割って侵入しており、最も多いことがわかります。

このことからも、窓ガラスは防犯対策の最重要ポイントといえます。

ガラス対策には、「防犯合わせガラス」を!

防犯合わせガラス

トイレや風呂の窓に面格子をはめて、侵入を防ぐ

面格子

面格子には、簡単に外されるタイプもあるので注意が必要です。サッシと一体型だったり、ネジで止めて外付けにしている場合は、ネジの頭をつぶして接着剤で固定し、ネジを抜かれにくくするなどの工夫が必要です。

素材は、一般的なアルミ製ではなく、スチール製で対破壊性を強化したものが理想です。

以上の工事が施工困難な場合には、防犯対策用のカギ等を用いて、防犯対策することが可能です。

例えば、ダイヤルクレセントという数字を3つ合わせないとカギが開かなくなる様な物や勝手口等に取り付けるインサイドロックというカギがないと開かなくなる様な物、様々な対策方法がございます。

ダイヤルクレセント・インサイドロック

ページトップに戻る