耐震

トヨタホームリフォームも、重要項目として取組んでいます。

1981年(昭和56)以前の木造住宅が危ないと考えられています。
被害状況も当時の「ゆるい耐震基準」による木造住宅の倒壊が
ほとんどを占めています。

リフォームの検討

耐震リフォームの流れ

Step1耐震調査
経験豊富なリフォームエンジニアがお住まいの状況を詳細に調査します。
Step2耐震診断
耐震診断ソフトに入力し厳密に診断結果を出します。

Step3確実な施工
高い技術力で信頼の工事を行います。
Step4
施工後、効果を確認する検査を行います。
※制震工事施工の場合のみ

効果確認の方法

起震機を使ってお家を検査します(震度1程度)。
工事終了後実際に耐震性がアップしたことを数値でご確認いただけます。

制震工事

トヨタホームリフォームでは耐震改修工事に加えてさらに安全を考慮し制震金具を取り付ける工法をご提案しております。

パワーガード

地震から身を守る手段は、地震の水平方向にかかる力に抵抗し、変形しない強固な構造の建物にする耐震工法のみが工夫されてきました。

しかし水平外力に対するこの方法は、建物は破壊しないが、地震の揺れに敏感に反応する為、建物の内にいる人や器物の移行倒壊等に依る安全性が問題視されて来ました。

耐震と振動エネルギーを吸収・分散させる制震の作用を併せ持った金具との併用がより安全な工事と考えるのです。

住まいのリフォームをする際に耐震改修も合わせて行うと、別々に工事を行うよりも安くなり、使い勝手がよく地震に強い住まいにすることができます。

また耐震工事のみにしぼりこみ、施工範囲を限定するプランもご提案しております。

無料耐震診断

トヨタホームリフォームでは無料で耐震診断を受付ております。床下・小屋裏も確認し、現状を調べます。
また、市の無料診断も補助金申請のためにお受けいただくようおすすめしています。

改修のポイント

耐震診断結果を基に、耐震改修計画を3項目について必要に応じて補強していきます。

3ポイント

ページトップに戻る