Loading...
  • トヨタホームリフォーム

憧れのアイランドキッチン

1階の一部を残して、間取りを大幅に変えられたI様。

リビング、ダイニング、キッチン、洗面室、浴室、和室をリフォームいただきました。

お子様はすでに独立され、ご主人様が定年を迎えられるタイミングで今後のご夫婦2人で暮らす住まいについて向き合われたそうです。

家族形態やライフスタイルの変化は暮らしにどのように影響してきたのでしょうか。

リフォームをするまで・リフォームしてからのお話をお伺いしてきました。

19.jpg

Q.リフォームをしようと思われたきっかけ何だったのでしょうか。

ご主人様:

南側に大きな窓があるのに家の中が暗かったんです。

特にキッチン。

昼間でも暗かったですね。

子供は独立して、私も定年になりましたし、今後の暮らしを考えてリフォームするなら今かなぁと。

新築当時から23年の月日を経て、お子様は成長され独立。住まうご家族の形態は変わっていったことがひとつの要因となったようです。

Beforeキッチン.jpg

▲暗いことがお悩みだったリフォーム前のキッチン。シンク上の吊収納と袖壁でダイニングとは区切られて、外からの光は遮られている上にリビング・ダイニングからは孤立してしまっています。

住まいはご家族の成長に合わせた形である必要があります。

例えばダイニング。

家族として暮らし始めたばかりのご夫婦のダイニングテーブルは、二人が座ることができれば事足りました。ですが、お子様が一人生まれるとどうでしょうか。二人掛けのダイニングテーブルで三人一緒に食事することは不可能ではありませんがとても狭くなります。さらにもう一人生まれると、家族で一緒に食事をするための広いダイニングテーブルと家族全員が座るゆとりも必要になります。

そして、赤ちゃんだったお子様は小学校に上がり、中学・高校に上がるにつれて心も身体も成長していきます。お子様が赤ちゃんの時の食事のスタイルと高校の時の食事のスタイルは全く違ったものになると思います。高校を卒業する頃には家を出て暮らされることもあるかもしれません。

するとダイニングターブルを囲む人数にも変化し、広いダイニングテーブルは必要なくなっていきます。

気が付けばI様のお宅でも、お子様が独立された今、ご夫婦お二人で使用するようになったダイニングテーブルは広すぎるものになっていました。

また、変わったのはI様邸だけではなく周囲にお住まいのご近所の方も同じで、南側のお宅の建替が日当たりに影響したことも要因となったようです。

お子様の成長を見届けた住まいは、今の形での役目を終え、ご夫婦お二人になった暮らしを新たに始める受け皿として、形を変えることになりました。

 

 

Q.どんなリフォームをされたのでしょうか。

奥様:

最初は簡単なリフォームしか考えていませんでした。

担当の西井さんとお話しているうちに今の家の不満と漠然とした憧れを共有してもらえたんです。

お話を伺い始めた頃は、どのようなリフォームをされたいのか、I様自身がイメージができていないようでした。

このまま工事を始めてもご満足いただくものはできないため、まずは今のお住まいの不満やどんな暮らし方をされたいのか、じっくり伺うことにしました。

そしてお話を伺っていくうちに『キッチンが暗い』以外に、『寒い』、『アイランドキッチンへの憧れ』という不満・ご希望をお持ちだということがわかってきました。

今の間取りで設備を変えるだけではI様の望まれるものは完成しないと判断し、1階部分の間取りをほぼ入れ替えて、ワンルームのようにお使いいただけるよう間取りに入れ替えてしまうというご提案をいたしました。

中でもご不満・要望・夢の中心にあるのがキッチンというのがわかってきたので、暮らしの中心を『キッチン』にしたリフォームをすることにいたしました。

B-1.jpg

▲工事前のリビング・ダイニング・キッチン。中央がキッチンですが、カウンターと吊収納の間からわずかに光が差し込んでいるのがわかります。

Q.どんな提案をされたのでしょうか。

奥様:

1階部分をワンルームにする提案は主人はあまり乗り気ではなかったんです。

でも、キッチンやお風呂のショールームを回り始めたあたりから現実味が増してきたのか、乗り気になってきたんです!

ほとんどの設備メーカーのショールームに行きましたが、すべて担当の西井さんが同行してくれたので安心できました。

リフォーム前にリフォーム後のお話をしてもイメージしにくいのは当然です。

まずはI様の本当のご要望と優先順位がどこにあるのかを判断した上で、手書きのレイアウトを3案ご提案いたしました。

そしてショールームでご提案のキッチンを見ていただいたのですが、I様だけで行っていただくのではなく、ご一緒させていただいたくようにいたしました。理由としてはリフォームのイメージを明確に持っていただき、ご提案した意図をご理解いただきたいと考えたためです。

水周り設備のショールームは価格帯や仕様が多様で、「我が家に合うキッチン」を見つけ出すのは至難の業です。お客様のみでショールームに行かれた場合、ショールームを一通り見て「綺麗なキッチンでいいわね」で終わってしまう可能性があります。ご提案している商品と他の商品を選別し、ショールームのスタッフの方と内容をすり合わせすることで、初めてご希望に合った商品をご提案することができます。

11.jpg

▲キッチンは憧れだった『アイランドキッチン』を採用。

アイランドキッチンとはキッチンが壁に接することなく、名前の通り『アイランド=島』のように部屋の中に設置されているキッチンです。

今回I様邸ではこのアイランドキッチンにダイニングテーブルとして使用するカウンターをシンクの反対側に設置したものをご提案いたしました。

ご主人様:

今まで和室とリビングに段差があったので、段差のない和室を希望していました。

完全に区切ってしまうと狭く・暗くなってしまいます。

提案いただいたのはリビングと和室をひとつの空間とし、フローリングの中に畳を段差なく配置するものでした。

和室とリビングを畳とフローリングで完全に部屋を分けてしまうと別の空間になってしまいますが、フローリングが和室まで張られていると床でつながりが感じられて、『ワンルームのような空間』になりました。

Before和室.jpg 10.jpg

▲左:リフォーム前の和室、右リフォーム後の和室。畳の周囲がフローリングで囲まれているのがわかります。

 

お子様が泊まりにみえた際には個室としても使用できるように、3枚引き戸で仕切ることもできるようにいたしました。

引き戸の上段は透明パネルで、中段・下段はかすみパネルになっています。引き戸を閉めた状態でも上部の透明パネルからリビングと和室のそれぞれ部屋の光は通すため完全に仕切られた印象にはなりません。

また、リビングと和室にそれぞれ誰かがいたとしても、かすみパネルからシルエットで存在は感じることができるようにいたしました。

間仕切りを閉めることで個室として使用でき、開け放てばワンルームでもご使用いただけるよう工夫いたしました。

1.jpg 2.jpg

▲左:間仕切りを開けたとき、右:間仕切りを閉めたとき。明るさは変わらないのがわかり、リビングから和室へのつながりとして、そのままフローリングが続きになっているのもわかります。

 

Q.リフォームしてから、住んでみての感想をお聞かせください。

奥様:

昔からの夢だったアイランドキッチンにすることができましたし、なにより家全体が明るくなって、とても満足しています。

担当の西井さんにいろいろ提案していただけたから、ここまでのリフォームができたんだと思っています。

ご主人様:

「住む人のことを考えてくれてるな」と思ったのが、ダイニング側のカウンターに脚を付けないようにしていただいたところですね。

もし脚が付いたものを使用していたら、とても邪魔になっていたと思います。

14.jpg

朝起きて歯を磨くとき、食事の準備をするとき・食べるとき、片付けて出掛ける準備をするとき...

様々なシーンで生活に変化が見られえたことがご夫婦のお話から伺えました。

ご主人様は

「朝食を作るのは私の担当なので、朝テレビでニュースを見ながら朝食の準備ができるのはとても気に入っています。」

そう笑顔でお話していただきました。

奥様はにこやかに笑い、普段のご夫婦の様子を垣間見たような気持ちになりました。

キッチンをはさんでの会話を楽しむご夫婦はとても微笑ましく、幸せな気持ちのおすそ分けをしていただいたインタビューでした。

BEFORE

AFTER

  • 担当スタッフ

    西井 久代

    奥様とは本当にいろんなお話をさせていただきました。 キッチン、和室、断熱、収納...様々な悩みについてのお話を伺うことができ、一緒に解決していく方法を探していけました。 こうしてI様ご夫婦にリフォームの感想を伺うことことができ、感謝いただけたことはとても嬉しく思いますし、担当者としてとても喜ばしいことだと思います。 I様には憧れのアイランドキッチンを囲んで末永く快適にお過ごしいただきたいです。

CONTACT
お問い合わせ

「まず、何から始めればいいの?」「相談できるお店を探したい」など、
リフォームに関するご質問は、お気軽にご相談ください。

TOYOTAHOME REFORM

トヨタホームリフォーム株式会社

〒473-0902 愛知県豊田市大林町1丁目81番地
TEL 0565-24-1251(代表)

建設業許可:愛知県知事(特-30)第69036号
宅建業免許:愛知県知事免許(2)第22581号
一級建築士事務所:愛知県知事登録(い-30)第12737号

  • TOYOTA HOME
  • トヨタすまいるライフ株式会社