Loading...

スタッフブログBLOG

2020年 02月 27日季節は春

日常

    

こんにちは。

トヨタホームリフォーム 営業企画室 國枝と申します。

今朝『小さな春』を見つけました。

自宅の庭に梅の木が植わっているのですが、ここ数日の暖かい陽気に誘われて、蕾がほころび始めていました

20200220 梅1.JPG

もう春ですね

梅の花が咲いているのを見て、思わず私もほころんでいました

皆様も『小さな春』、探してみてください

2020年 02月 25日住まいの悩み

実例集

    

こんにちは

トヨタホームリフォーム 営業企画室 佐々です。

お客様に「住まいの悩みは何ですか」と伺うと

・昼間なのに家の中が暗い

・夏は暑くて、冬は寒い

・間取りが使いにくい

など

様々なご意見をいただくことがあります。

でも、ダントツで一番多いのは『収納が少ない』というお悩み

収納に関してはセミナーを行ってお役に立てていただこうとはしていますが、解決の難しい課題ではあります

なぜ難しいかというと「物の量と場所を把握しきれていない」という原因があるためです。

まず物の量。

単純に必要以上の物が家に溢れかえっていては、収納スペースに収まりきらないのは簡単に想像できます

次に物の場所。

極端な例ですがキッチンに洗濯済の服があっても邪魔なだけですし、寝室に洗剤のストックがあってもすぐに使うことはありませんよね。

適度な量をあるべき場所に収納しておくということが重要なのです

一方でとても収納上手なお客様もみえます

20200218 収納1.jpg

▲キッチン横の収納

20200218 収納3.JPG

 ▲洗面室収納①

20200218 収納4.JPG20200218 収納2.JPG

 

         ▲左:洗面室収納②、右:クローゼット収納(こちらはプロ:整理収納アドバイザーが行った収納です)

 

どの写真も物をグループ分けしてカゴや容器を利用し統一感を出して収納されていて、とてもスッキリ見えませんか

私の自宅はついつい物が増えてしまって、カゴから溢れてしまっているので見習わないと

2020年 02月 10日密着!現場の職人さん(建方)

現場進捗

    

こんにちは

トヨタホームリフォーム 営業企画室 佐々です。

今年は暖冬だと言われていますが、たまにすごく寒い日がやってくるので体調管理が大変ですよね

とりあえず、よく食べて、よく寝るようには心がけていますが、ぶくぶく太ってしまわないように気をつけています

みなさんも寒さや体調不良、冬太りには気をつけてくださいね

さて、今日は久しぶりに現場の職人さんに密着してきました

どんな現場かというと増築工事での『建方(たてかた)』を行っている現場にお邪魔してきました

「『建方』って聞いたことはあるけど...なにやるの

っという方ちょっと想像していただきたいのですが、大工さんってどんな作業をしているイメージをされますか

job_daiku_wakamono.png

角材を持った職人さんが柱や梁に大きな木槌でトンカンやっている

カンナで木を削っている

のこぎりで木を切っている

などなど...

技術を持った経験豊富なベテラン職人さんが作業されているイメージをされた方が多いのではないでしょうか

建方はそんな職人さんたちのお仕事の中でも一番"肝"になる作業で、建物の構造の基本となる柱や梁などの骨組みを組み立てていく作業をいいます

(ちなみにトヨタホームでは『据付』といいます)

もちろん、皆さん同じイメージを想像いただいたわけではないと思うので実際の様子を写真でご説明しますね

今回は増築の現場なので、既存建物の中から撮影した写真になりますが、新築の現場だと基礎だけが作ってあるガランとした土地であることが多い場面です。

20200207 職人さん2.jpg

写真の右の方に角材がありますが、これらがこれから職人さんたちの手でどんどん組み立てられていきますよ

20200207 職人さん5.jpg

角材に凹凸があるのには理由があって、建物を頑丈に組み立てるために柱・梁などに継手を作って、接合部が強くなるよう加工されているのです

20200207 職人さん4.jpg

職人さんたちはこの角材がどの位置でどの向きに置くものなのか、図面を何度も確認しながら作業を進めます。

「『へ』の『3』ちょうだい

などと言って、職人さんたちは印のついた角材を順番に組み立てていくんです

木造の建方の現場では昔から柱の位置を示すのに『い・ろ・は・に...』と『1・2・3...』で東西南北どの位置なのか判断するのに使われていて、今でも同じように使われています

「『へ』の『3』」は「『へ』の列の『3』番目の柱」という意味です。

現代の木造住宅では図面を基にして全ての柱・梁を工場で加工する「プレカット」が主流ですが、現場では昔ながらの用語で呼ばれてるんです

最初基礎しかなかったのに...

20200207 職人さん3.jpg

柱、梁が組みあがっていきます

20200207 職人さん6.jpg

私が張り付いて写真を撮っているので

職人さん「せっかくだから撮ってもらおうかな

カメラ目線、いただきました

20200207 職人さん8.jpg

私はリフォームの現場でこのような建方の撮影をすることは今までなかったのでとても新鮮で楽しかったです

何より、職人さんの技術力を目の当たりにしたので、ブログを見ていただいている皆さんにお伝えしたくなりました

職人さんが柱や梁を運んでいる場合は建方の現場かもしれないので、職人さんの仕事に注目してみてください

CONTACT
お問い合わせ

「まず、何から始めればいいの?」「相談できるお店を探したい」など、
リフォームに関するご質問は、お気軽にご相談ください。

TOYOTAHOME REFORM

トヨタホームリフォーム株式会社

〒473-0902 愛知県豊田市大林町1丁目81番地
TEL 0565-24-1251(代表)

建設業許可:愛知県知事(特-30)第69036号
宅建業免許:愛知県知事免許(2)第22581号
一級建築士事務所:愛知県知事登録(い-30)第12737号

  • TOYOTA HOME
  • トヨタすまいるライフ株式会社